山梨プラム(すもも)貴陽の食べ方や保存の仕方 ふき園

さくらんぼ狩り農園 ふき園の貴陽

プラム貴陽の食べ方や保存の仕方 山梨県ふき園

さくらんぼ狩りふき園TOP > プラム貴陽の食べ方

プラム貴陽とさくらんぼ狩り 山梨県ふき園 メニュー


トップ さくらんぼ狩りのご案内 予約・問い合わせ さくらんぼの種類と時期 交通アクセス さくらんぼ狩りQ&A プレゼント/特典/イベント お客様の写真 さくらんぼの育て方/剪定 さくらんぼの授粉 豆知識 さくらんぼ狩りお客様の声

貴陽すももとさくらんぼ狩り 山梨県ふき園 通信販売


高級プラム【貴陽】 桃【白桃・黄桃】 柿【あんぽ柿】 通販ご案内・商品ご注文 ご注文用FAX用紙

山梨県プラム貴陽
ふき園栽培月誌


さくらんぼ もも プラム貴陽

貴陽すもも ふき園


山梨県南アルプス市百々3521
TEL/FAX 055-285-5787
携帯   090-8515-0730
園主 清水 秀之 

プラム貴陽の食べ方 山梨県南アルプス市ふき園

●食べ方(貴陽)

まず貴陽が送られて着ましたら

とりあえず1個を水で洗い皮のまま少し切って食べてみましょう。

次に少し切って皮を剥いて食べてみましょう。

この時点で皮つきがいいか皮なしがいいか判断しましょう。

皮が特に酸味が強いです。

もし皮なしでも酸味が強い様でしたら1〜2日常温で置いてから食べてみて下さい。

注意ですが一度冷蔵庫に入れて冷やされた物を常温での追熟はおすすめできません。

なので追熟は通常便で送られてきた物に対しては特に有効ですが柔らかくもなります。

冷蔵庫にいれておけばゆっくりと追熟はします。ただ冷えすぎると食べた時に甘みが少なく感じてしまいます。またしぼんだようにもなります。

スーパーや百貨店で購入された物をご希望なら通常便で発送後、数日常温保存すれば同じ物に近くなります。

●保存の仕方は

生ものですのでできれば早いうちに食べて下さい。

通常便で到着後、常温で保存は涼しい所において2〜3日程度

それでも保存したいのであればお好みの硬さに追熟させてから冷蔵庫の野菜室に入れて下さい、1週間位は保存できます。

クール便で到着後に常温保存は決してしないで下さい。

クール便で到着後、冷蔵庫の野菜室で保存は1週間位は大丈夫です。1個づつラップに包んだほうが乾燥は防げます。

ちなみにですが

私は皮つきのまま、かぶりついて食べるのが好きです。


それと良く皆さんが勘違いされる事ですが

貴陽は桃より甘いとうたわれています、実際に桃より糖度はあります。

ですがすももですので酸味ももちろんあります、

それがすももの良い所です。

桃は酸味がほとんどありません、ですので酸味が少しでも苦手な方は購入をお控え下さい。

逆にすももが好きな方で貴陽をまだ食べた事がない方はぜひ1度食べてみる事をお勧めします。

●食べ方(イエロー)

おすすめの召しあがり方

届きましたら柔らかめの物から順に薄く切ってお召し上がりください。但し酸味は強いです。

2日目以降になって少し柔らかくなりましたら短冊に切ってお召し上がりください。
まだ酸味は強めです。

酸味が苦手の方はお控えください。

3日目以降さらに柔らかくなりましたら大きめに切ってさじですくってお召し上がりください。
酸味はだいぶ弱くなります。

園主のおすすめは追熟させてお召し上がりになるのが良いと思います。

酸味が弱くなり濃厚な味わいになります。

皮も一緒に召しあがれます。

とても繊細な果物です。日持ちはしません。

熟してから食べると、ジューシーでマンゴーのような味わいになります。

●保存の仕方は

冷蔵庫に入れれば少しは保存できますが日持ちはあまりしませんのでお早めにお召し上がりください。



すもも貴陽山梨
ふき園おすすめ情報


さくらんぼ狩りに!
ふき園の特徴

貴陽プレゼント
貴陽プレゼント

山梨すもも貴陽
ふき園の果物

貴陽
プラム貴陽のご案内
もも
もものご案内
あんぽ柿
あんぽ柿のご案内

プラム貴陽 リンク


観光スポットリンク集
協力サイトリンク集